二子玉川のマンション査定はこちらから。相場の確認方法・マンション売却なら

マンション査定 二子玉川 マンション査定

マンション査定 二子玉川

二子玉川の楽しみ、二子玉川のイメージは

  • ジャズ喫茶
  • 中古レコード
  • 雑貨
  • サブカルチャー
  • 商店街
  • オオゼキ
  • ライブハウス
  • 本多劇場

いろいろあります。

そこで、今回は、二子玉川市のマンション査定・相場の確認・売却のテクニックを紹介します。

全体的な相場

マンション査定 二子玉川
参考:二子玉川の地価公示

個別に今住んでいるマンションの査定は、
一括不動産査定サイトを確認することで、売却最高額が確認できます。

二子玉川のマンション査定なら

実績のある査定サイト



すまいValue


大手6社に唯一一括不動産査定できるサイトが”すまいvalue”です。
すまいValue
・住友不動産販売
・東急リバブル
・野村の仲介
・三菱地所ハウスネット
・三井のリハウス
・小田急不動産株式会社
>> https://sumai-value.jp <<
すまいValue 公式




おうちダイレクト


ヤフーとソニーグループの運営する一括査定サービスです。
おうちダイレクト

大手不動産会社とYahoo不動産の関係は複雑で、
ヤフーとソニー不動産が2015年7月に資本業務提携を結んだことで、
「Yahoo!不動産」が“物件情報ポータルとして公平、中立ではない”ということで、全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)などがYahoo!不動産には提供しないと決定しました。
その全宅連に加盟しているのが大手不動産会社です。
よって、すまいValueに登録の三菱地所、三井、野村、東急、住友などはYahoo不動産に物件情報を掲載できません。

となると、Yahoo不動産が運営するおうちダイレクトへの登録は必須と言えるでしょう。
>> https://sony-fudosan.com/ <<
おうちダイレクト 公式



イエウール


イエウール
はじめてマンションを売る方・不動産売却のサポート力にも定評あり!
シミュレーション感覚でオンラインマンション査定が可能です。
>> http://ieul.jp/ <<
不動産売却一括査定「イエウール」

マンションnavi


マンションnavi
>> http://lp.t23m-navi.jp/ <<



マンション査定を左右する二子玉川ニュース

二子玉川のニュースをまとめました

二子玉川、100年越しの田園都市構想 「働ける郊外」へ

平日の午後5時半。東京急行電鉄の二子玉川駅ではこの時間になると、ある光景が現れる。東に約300メートル離れた高層ビルから駅に至る仕事帰りの人の流れだ。それは約3時間、ほぼ途切れることなく続く。外国人の姿も目立つ。流れを生み出すのは東急が開発した30階建ての高層ビルだ。楽天が一棟借りして本社を置き、約1万人が働く。
商業施設「二子玉川ライズ」が全面開業した後の2015年夏に品川から楽天を誘致した東急。その効果は絶大だった。二子玉川駅の1日の乗降人員は17年度に約16万人と、誘致前の14年度から26%増えた。商業施設の売上高も17年度に年間約412億円と、2年連続で過去最高を更新した。

「二子玉川はもう床が足りなくなってきた」。東急の幹部はうれしい悲鳴を上げる。オフィスが足りない楽天は駅間近で同じく東急が開発した「二子玉川ライズオフィス」にも入居を始めた。
「楽天効果」は沿線にも及ぶ。二子玉川近辺に住む社員が多いのだ。例えば、多摩川を挟んで対岸にある川崎市の田園都市線・二子新地駅や高津駅の周辺だ。不動産関係者によると「楽天の社員が住むようになり、賃料も上がった」という。

楽天は片道15キロメートル以内に住む社員には自転車通勤を奨励する。ライズ内に駐輪場を確保し、自転車通勤する社員には定期代の半額を支給する。都心ではない二子玉川だからこそ、職住近接の取り組みは進めやすい。

沿線の人口増にも寄与する二子玉川。ライズが全面開業した15年ごろから、東急社内では渋谷と二子玉川、自由が丘を結ぶ三角地帯は「プラチナトライアングル」と呼ばれるようになった。

自由が丘のマンション査定はこちらから。相場の確認方法・マンション売却なら
渋谷のマンション査定はこちらから。相場の確認方法・マンション売却なら

神奈川との境で、都心から比較的離れた二子玉川にオフィスを開発し、「日本一働きたい街 二子玉川」を掲げる東急。なぜ郊外で「働く」なのか。開発思想をたどれば、東急の源流で101年前に実業家の渋沢栄一が設立した「田園都市株式会社」に行き着く。

1898年に英国のエベネザー・ハワードが提唱した「田園都市(garden city)」。環境が悪化した都心を離れて郊外に職住近接の自立した都市を建設する考え方だったが、日本では自然豊かなベッドタウンの建設と解釈された。

住宅に特化したベッドタウンは、住民が老いれば街の活力もそがれる。一方、職住近接は街ごとに経済循環を生み出し、にぎわいを維持しやすい。沿線活性化策に「働ける郊外」を据えた東急は、ハワードが提唱した本来の田園都市構想に回帰したともいえる。

実際のところ、大規模なオフィス開発は都心から離れるほど限界がでてくる。ただ「働ける郊外」は企業誘致に限らない。例えば、都心へ通う人が自宅の近くで働くサテライトオフィスだ。

引用;日本経済

マンション査定 二子玉川

住みたい街最新ランキングで「三鷹が二子玉川を抜いた」ワケ

今年で10年目を迎えた、リクルート住まいカンパニーのまとめによる「住みたい街ランキング関東版」。2月28日の発表以降、多くのメディアが「横浜が2年連続の1位を獲得」「埼玉を代表する大宮、浦和の2大都市の躍進」といった内容を中心に報じています。

埼玉のマンション査定はこちらから。相場の確認方法・マンション売却なら
横浜のマンション査定はこちらから。相場の確認方法・マンション売却なら

しかし、不動産専門のデータ会社である東京カンテイの井出武・上席主任研究員は、別の街に注目します。その街こそ、JR中央線沿線の三鷹。「三鷹には、最近進みつつある“首都圏の都市の変容”にまつわる要素が詰まっている」と分析します。

はたして、多くの人が街に求める要素に、どんな変化が起きているのでしょうか。最新の住みたい街ランキングの内容を深掘りしてみます。
かつては「住みたい街」の代名詞的存在だった二子玉川(東急田園都市線)と自由が丘(東急東横線)。二子玉川は2012年のランキングで8位に位置していましたが、2018年は16位、今年は17位まで後退しました。自由が丘に至っては、2012年の3位から、2018年は13位、今年は19位まで転落する結果となっています。

一方で、大幅な躍進を遂げたのが三鷹。2018年は38位でしたが、今年は16位と大きくジャンプアップしました。

東京カンテイの井出さんの分析によると、三鷹のような郊外の中核都市は、一昔前までは東京都心に通勤する人のベッドタウン以上の意味合いはなかったといいます。しかし、働き方改革や団塊世代の退職などに伴い、通勤者数が減少。都市間の若年層の争奪戦が激化し、うまくいっている街とそうでない街で濃淡が現れ始めているとみられます。

この“うまくいっている”という言葉の指す意味は、「街としてのポジショニングが個性的であるかどうか」だと、井出さんは指摘します。つまり、住みたい街に対する“憧れ”の部分が衰退する一方、交通や商業集積度、休日の楽しみなど、総合的に“実用的”であることが重視され始めているというわけです。

「文士の街」としてブランディング
三鷹を例にして考えてみると、JR中央線の特別快速が停車し、新宿駅や東京駅まで短時間かつダイレクトに通勤が可能。JR中央・総武線の始発駅でもあり、東京メトロ東西線にも直通しているため、大手町まで座って通えるメリットがあります。

こうした交通利便性だけでなく、駅の南側を中心に再開発計画が複数進行中。駅直結の商業施設や商店街も発達しており、買い物の利便性も高いという特徴があります。

引用:MONEY PLUS

新宿のマンション査定はこちらから。相場の確認方法・マンション売却なら

不動産査定 二子玉川

売上好調「二子玉川ライズS・C」大規模刷新の狙いとは

東急モールズデベロップメントが運営する二子玉川駅直結の商業施設「二子玉川ライズ・ショッピングセンター」が、開業以来初となる大規模リニューアルを実施した。同施設は2011年3月に第1期がオープンしてから業績を伸ばし続け好調を見せている中、なぜ大規模リニューアルに踏み切ったのか。総支配人の二宮道彦氏に話を聞いた。

 二子玉川ライズ・ショッピングセンターは2011年3月に第1期が開業し、2015年4月にグランドオープンした。「蔦屋家電」をはじめとする注目の新店舗を多数誘致したほか、テラスマーケットが好評を得て、全館の2015年度の売上が385.5億円(前年比38.3%増)、2016年度が403.9億円(同4.8%増)、2017年度には412.7億円(同2.2%増)を計上。来館者数は2015年度が3,086万人(同61.0%増)、2016年度が3,121万人(同1.1%増)、2017年度が3,168万人(同1.5%増)で、売り上げと来館者数ともに過去最高記録を更新し続けている。二宮氏は好調の要因について、「玉川高島屋S・Cと競合せず、20代から40代までのファミリー層に向けて生活提案をしてきたことで共存共栄できた」と振り返る。

開業以来初の大規模リニューアルと銘打つ今回は「ポジティブな流れを維持する」ことを狙いに掲げ、既存テナントの中でも特に好調の「ロクシタン(L’OCCITANE)」や「メルヴィータ(Melvita)」「ジョンマスターオーガニック(john masters organics)」といったビューティーショップに着目し、ビューティーセレクトショップ「フルーツギャザリング(Fruit GATHERING)」を誘致。1階の5区画分を使い、「シャネル(CHANEL)」や「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」といった外資系を含む約30ブランドを揃えたほか、同ショップで初の「スキンケアカウンセリングエリア」や150種類以上のリップが自由に試せる「リップスタンド」を導入した。玉川高島屋S・Cでも化粧品は取り扱っているが、対面式ではなくセルフ販売方式にすることで差異化を図ったという。また、オンライン・クリエイターズマーケット「クリーマ(Creema)」初のライフスタイル特化型セレクトショップとなる「暮らしとクリーマ」を同じ1階に配し、”新たな二子玉川ライズ・ショッピングセンターの顔”と位置付けている。両店舗と軸に、以前から好評を得ている地下の食料品売場などへの買い回りにもつなげ、結節点としても機能することを期待する。

 同施設ではテラスマーケットが人気を得ているが、二宮氏は「(テラスマーケットが開業した)第2期のオープンを機にコトの部分が強くなったが、モノの方にも成長の余地はかなりあると見ている。好調を維持している今だからこそポジティブにモノのことを考えられるようなっている。”モノよりコト消費”と言われているが、コトに逃げずにちゃんとモノを強化していく」と意気込みを語った。今後も玉川高島屋S・Cと共存し高め合いながら、二子玉川の街を盛り上げていきたい考えだ。

引用:fashionsnap.com

タイトルとURLをコピーしました